XLXReflector(xlxdの構築) メモ

準備するもの
(ハードウェア)
RaspberryPi4B
準備するのも
(ソフトウェア)
RaspberryPiOS
https://downloads.raspberrypi.org/raspbian/images/raspbian-2020-02-14/
準備したもの

Ubuntu22.04TLS Desktop日本語版

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード | Ubuntu Japanese Team

ubuntu-ja-22.04-desktop-amd64.iso

〇 ノートパソコンで閉じてもスリープにならない設定

/etc/systemd/logind.conf 設定ファイルを編集、ファイル内に以下の設定を追記

/etc/systemd/logind.confCopy
——————————–
   :
HandleLidSwitch=ignore     ← 追記すぐにスリープ状態にしない
   :
——————————–

〇 sshの導入

# apt install ssh

〇 phpのバージョン確認

$ php -v¥

〇 環境作成と動作に必要なUbuntuパッケージのインストール

# apt install git git-core
# apt install php7.4
更新
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
$ sudo apt autoremove  

再起動
$ sudo shutdown -r now  

カーネルのバージョン
$ uname -a
Linux **** 5.15.0-83-generic #92-Ubuntu SMP Mon Aug 14 09:30:42 UTC 2023 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux  

PHP 7.4 のインストール
$ sudo add-apt-repository ppa:ondrej/php -y
$ sudo apt install php7.4  
# apt install make
# apt install g++
# apt install apache2

〇 XLXリフレクターソースのダウンロード

# git clone https://github.com/LX3JL/xlxd.git
/root/xlxdにダウンロードされる

〇 XLXリフレクター構築のためのアプリケーションのメインヘッダーファイル設定変更

# vi /root/xlxd/src/main.h
/root/xlxd/src/main.h
——————————–
   :
#define NB_OF_MODULES 26    ← 10から26に変更
   :
   :
——————————–
モジュール数の変更

〇 XLXリフレクターのコンパイル

# cd /root/xlxd/src/
# make clean
# make
# make install

〇 自動起動スクリプト(xlxd)を /etc/init.d/ へコピー

# cd /root
# cp xlxd/scripts/xlxd /etc/init.d/

〇XLX番号の編集

# vi /etc/init.d/xlxd
/etc/init.d/xlxd
——————————–
ARGUMENTS=“XLX075 192.168.0.254 127.0.0.1”    <— (例) XLX075
  :  :
  :  :  中略
  :  :
# start daemon
    sleep 30        <— network接続後に起動される様にこの行を追加。
    echo -n “Starting $NAME: ”
——————————–

〇 DMR idデータベース「dmrid.dat」をXLXAPI サーバーからxlxd フォルダーにダウンロード

# wget -O /xlxd/dmrid.dat http://xlxapi.rlx.lu/api/exportdmr.php

〇 XLXリフレクター、Dashboard用ファイルのコピー

# cd /var/www
# cp -r /root/xlxd/dashboard/* /var/www/html/  

〇 XLXリフレクター indexファイル使わないので退避

# mv /var/www/html/index.html /var/www/html/index.html.bak

〇 XLXリフレクター、Configファイルの編集

# vi /var/www/html/pgs/config.inc.php

$PageOptions[‘ContactEmail’] = ‘je2yyg@forums.gr.jp’;
一部Configファイルの編集

〇 HashFile用フォルダーの作成

cd /
sudo mkdir callhome
sudo chmod 777 callhome
callhomeディレクトリに777のパーミッションを設定します。

〇 XLX Reflectorの起動1 自動起動用スクリプトの作成

# vi /etc/systemd/system/xlxd.service

/etc/systemd/system/xlxd.service
——————————–
[Unit]
Description=XLX Reflector Daemon by LC1IQ
After=network.target
[Service]
Type=forking
ExecStart=/etc/init.d/xlxd start
EecReload=/bin/kill -HUP $MAINPID
KillMode=process
Restart=on-failure
[Install]
WantedBy=multi-user.target
——————————–

〇 XLX Reflectorの起動2 起動時に自動的に起動するコマンドを実行する。

# sudo systemctl daemon-reload
# sudo systemctl enable xlxd.service
# sudo shutdown -r now

(参考)

自動起動停止

$sudo systemctl disable xlxd.service

マニュアル起動

$sudo service xlxd start

マニュアル停止

# sudo service xlxd stop

Serviceの起動状態確認

# sudo systemctl status xlxd.service

〇 Peersの設定

# vi /xlxd/xlxd.interlink


XLX834 xlx834.iobb.net FY    <—–追記
FはDCS YはYSF

〇 ルーターのポート開放

TCP port 80 (http)
TCP port 443 (https)
TCP port 8080 (RepNet)
UDP port 10001 (json interface XLX Core)
UDP port 10002 (XLX interlink)
UDP port 30001 (DExtra protocol)
UDP port 20001 (DPlus protocol)
UDP port 30051 (DCS protocol)

Comments

Copied title and URL